上野の花見を出会い系サイトで知り合った女とした

前回の続きです。花見を一緒にしませんか?という募集に返信をしたところ、上野のサクラを観たいと返信があり、まったく土地勘のない街でしたが、上野で一番のサクラを知ってますと即レス。

すると、間髪入れずに、ぜひ一緒にみましょうというので、ネットで調べた結果、上野公園から近い場所で待ち合わせをすることにしたのです。

そこに現れた彼女は、いままで出会い系サイトで会ったどの女性よりも知的に見え、スタイルも良い、まさに美しい女性でした。

そのような女性はキレイだなんだと言われなれていますから、逆にゾンザイに扱うぐらいが意外と仲が良くなれるコツなのです。

もちろん初めから雑に扱ってはいけません。まずは平静を装うのです。あなたは別に普通ですよよ。

出会いの挨拶なんて軽めです。Aさんですね、はじめまして太郎です。待ち合わせがちゃんとできるか心配でしたよ。良かったちゃんと合流ができて、上野で一番のサクラはこの先なのでまずは観に行きましょう。

と、歩き始めます。ネットで上野公園の中でもサクラが見事に咲いている場所は調べてあるので、そこに向かうだけです。

上野はお詳しいのですか?

いえ、去年一度来たことがあって、その時に一番キレイだなと思ったサクラを覚えていただけなんです。

そうして二人でサクラを眺めたのです。ママ活アプリ

出会い系で知り合った最も美人な女

出会い系サイトで知り合った女の話など、他所では決して鵜呑みにしないでくださいね。出会い系サイトをやりつくしたぼくに言わせれば、9割が作り話といっていいでしょう。

本人はよくできたとでも思っているでしょうが、プロにはすぐにわかるものです。リアリティを追及しているつもりがリアリティーがないものばかりなのです。

さて、ガチの出会い系サイト体験談です。

まー色々な女と会ってきましたが、早々に一番の美人についてかいてみます。あなたもそういう話の方が好きでしょうから。

あれはサクラが東京で咲いていた頃です。何が無く出会いサイトの女性の書き込みをみていたら、お花見一緒にしませんか?という募集を見つけたのです。

出会い系サイトの募集など、8割が風俗派遣業の営業メールですから、いかに2割の素人と連絡を取れるかが腕の見せ所なのですが、お花見を一緒にしたいだなんて募集はなかなかお目にかからない。

出会い系サイトを始めたころのような初々しい気持ちで、即レスしたのを思い出します。

それから15分音沙汰ナシ、1時間経っても状況は変わらず。あー、空振りかーと思った矢先、彼女から返信があったのです。

上野のサクラを観たいのですが、くわしいですか?と。

上野に土地勘などなかったのですが、上野で一番のサクラを知ってますよと即レスしたのです。続きは次回に。ワクワクメール

出会い系サイトで知り合った女性たち

出会い系サイトには様々な女性がいる。普通の女性が大半ではあるが、ピンク色の髪の女性、見たことのないレベルの土管体型、骨が浮き出ているレベルのやせた女性、普段どこで暮らしているんですか?日常であなた方のような女性とすれ違うことないんですけど!というレベルです。

言いづらい話ですが、自分の想像の範疇を超えた女性が待ち合わせ場所にいた場合、僕はスルーします。つまり一瞥してその場を立ち去ります。話しかけもしません。

きっと僕を見て同じようにスルーして立ち去った女性もいるのでしょうから、お互いさまとは思っています。

仮に話しかけてごめんなさい、なんてことをわざわざすることの方が大人の流儀に欠けると思うのです。

さて、せっかくなので一人だけ出会い系サイトで知り合った女性について書いてみます。見た目は某落語家の娘のような、お世辞にも美人と言えず、しかし何か愛くるしい雰囲気をまとっていたので話しかけてみたところ、待ち合わせをした本人だったので、近くの激安チェーン店の居酒屋へ。

音楽の趣味が似ていて、その場は盛り上がり、2時間ほど飲食をし、連絡先の交換もせずに別れたのです。

やることせずに帰したわけ?

そうです。出会い系サイトイコールセックスではありません。せっかく電車を乗り継いで待ち合わせたわけですから、楽しそうならトライをして、セックスの対象に見えないなら、お話しだけして返す。

ガツガツとした20代ではできないようなことが40代にもなるとできるのです。極上の美人と出会い系サイトで会った話は次回以降に。ハッピーメール